障がい児通所支援(多機能型)

放課後等デイサービス さんさんくらぶ

「ただいま~!」「おかえり~♪」
さんさんくらぶにかえっておいで。仲間や先生がいつもいるよ!

放課後等デイサービス さんさんくらぶでは子どもたちが主体的に考え行動することを大切にします。障がいのある子の放課後や休日の居場所になり、構造化・ユニバーサルデザインを心がけた環境づくりをしています。

詳細はこちら

まちライブラリー

児童発達支援にじくじら 親子療育教室

 良く来たね。待ってたよ! ハイ、タッチ!!

先生と楽しそうにご挨拶する子どもたちの笑顔に保護者の方もうれしそうです。

そんな保護者の安心した笑顔をみて、子どもたちは一層安心して登園しています。

にじくじらでは、子どもたちの自尊感情や自己肯定感を大切にした取り組みを展開しています。そのため、子どもたちは自信をもって、自分の思いや気持ちを表現することができるのです。子どもたちが徐々に明るく、意欲的になっていく様子をみて、保護者の方の多くは、にじくじらに深い信頼を寄せ、子どもたちの心の発達を見守っています。

詳細はこちら

にじくじら

理論に裏付けられた空間と時間

にじくじらには、多くの教育者、保育者、研究者が関わっています。理論に裏付けられた子どものこころの発達を柱として、保護者支援を大切にしています。保護者が明るく元気だと、子どもの心が安定し、明るく前向きになることができるからです。

地域の保健師さんから「にじくじらのお母さんたちが明るくて元気で驚いています」とお褒めの言葉をいただいています。にじくじらでは、人が長い歴史の間、共同子育てをして種をつないできたことに着目し、「共有」「共同」を大切にする実践を行っています。

 

研究

一緒に、を大切にしています!

にじくじらでは、保護者のみなさんとスタッフたちが悩みや不安を共有し、一緒に克服に向けて取り組むことを大切にしています。きっとそのにじくじらの理念が、お母さんたちを元気に回復させていく、最も大きな理由なのでしょう。

不安や迷いを抱いている保護者のみなさま、一度、にじくじらに見学にいらしてください。きっと何かを発見されると思います。

入浴
児童発達支援にじくじら 親子療育教室